不動産を売る契約の流れ

ご売却を検討の方

不動産を売却することは、

多くの方が経験される事が少なく不安に思われる事も多いと思います。

住宅生協では、お客様が不安に思う事やご要望などをしっかりとお伺いし、

安心して納得・満足いただける不動産の売却となるように努めております。

大切な不動産の売却にあたり、これまでの経験やノウハウを活かし

最善のご提案・お手伝いを致します。

まずは、お気軽にご相談ください。

買換えなどで住まいを売却する際の流れ、手続きについてのポイントを紹介します。

〇 STEP1 売却のご相談

売却1

売却時期や希望金額等のご希望条件と

ご売却される動機や物件についてお聞かせください。

 

まずはお電話やFAX、メール、LINEなどでご連絡下さい。

査定担当者からご連絡させて頂き、お伺い致します。

お伺いする際には、土地や建物について分かる資料

(固定資産税の納付書や建物図面等)のご用意をお願いしております。

〇 STEP2 売却物件の調査及び査定

周辺物件の成約事例や過去の販売履歴、公示・路線価格等の公的価格、

市場での流通性を分析した上で「販売価格」をご提案いたします。

 

査定担当者が所有不動産の現状を確認し、物件の調査と価格の査定を行います。

もちろん秘密厳守で価格査定はいつでも無料です。

また、「査定」=「売却」ではございません。

考え始めたばかりの方も是非、お気軽にご相談ください。

〇 STEP3 媒介契約の締結

査定価格にご納得いただき、正式にご売却の意思が固まりましたら

「媒介契約」を締結していただきます。

 

媒介契約とは、住宅生協に「販売活動」を依頼していただく契約になります。

この媒介契約には以下の3種類があります。

 

(1)専属専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するもので、売主様が自ら買主様を発見した場合でも売買契約を締結する際には、依頼した不動産会社を通して売買契約を締結しなければなりません。従って、売却を完全に不動産会社に任せることになるので、不動産会社の責任は重く、売却活動にも力が入ります。また、依頼者様(売主様)に対して一週間に一度以上の販売活動の報告義務があり、契約有効期間は3ヵ月間です。

 

(2)専任媒介契約

1社の不動産会社に売却を依頼するものですが、売主様が自ら買主様を発見した場合は、不動産会社を通さずに買主様と売買契約を締結することが出来ます。また、依頼者様(売主様)に対して二週間に一度以上の販売活動の報告義務があり、契約の有効期間は3ヵ月です。

 

(3)一般媒介契約

複数の不動産会社に同じ条件で売却を依頼するものです。売主様が自ら買主様を発見した場合は、不動産会社を通さずに買主様と売買契約を締結することも出来ます。

 

売却を依頼された不動産会社は、これらいずれかの媒介契約書を作成、記名押印して、依頼者様(売主様)に交付することが義務付けられています。媒介契約が不動産会社と依頼者様との間で成立していることを証明し、媒介報酬を巡るトラブルを防ぐためです。

 

●仲介手数料について

売買契約が成立し、売買代金を受け取って頂いた際に仲介手数料が掛かります。

仲介手数料の上限は、売買価額が200万円以下の場合は5%、200万円超400万円以下の場合は4%+2万円、400万円超の場合は3%+6万円となっています(すべて消費税別途)。

※売買価額が200万円以下で弊社より100キロ以上の位置に所在する物件の場合は、

仲介手数料の上限が18万円(消費税別途)になります。

〇 STEP4 販売活動

売却4

媒介契約締結後、

すみやかに販売活動を開始いたします。

 

〇弊社ホームページ及び【アットホーム】、【すーも】、【ハウスタウン】等の

 様々な不動産情報サイトへの掲載

 ⇒幅広いお客様へのご紹介

 

〇指定不動産流通機構(レインズ)への登録

 ⇒多くの不動産業者様へのご紹介

 

〇折り込み広告やオープンハウスの開催、

 売り看板の設置及び近隣へのポスティングなど

 ⇒物件に合わせた様々な販売活動

 

上記の販売可動の他にも

「住宅生協ならではのネットワーク」を活用し、多くのお客様に売却物件のご紹介を致します。

 

〇 STEP 5 購入のお申込み

買主様が見つかりましたら、購入申込書を買主様からご提出いただきます。

 

生協担当者が買主様から売買価格等のご条件、今後の予定や引渡し希望時期等をお伺いし、

売主様にご相談致します。

条件交渉では、近隣事例等もご提供いたしますので、

様々な情報を参考にご判断いただければと思います。

 

 

〇 STEP 6 不動産売買契約

売却6

契約条件や代金の支払条件、

引渡し時期などの調整を行います。

お互いに合意が出来れば、いよいよ売買契約です。

 

売買契約の締結にあたり売主様・買主様双方に

物件及び取引条件等についてご説明いたします。

双方が納得した上で売買契約書を取り交わし、

買主様より手付金を受け取ります。

手付金は残代金決済時に売買代金へ充当されます。

 

〇 STEP 7 物件引渡しの準備

売買契約締結後、引渡し準備のお手伝いを致します。

 

引渡し・残代金決済日までに、様々な準備が必要になります。

住宅生協では、測量や抵当権等の抹消登記の手配、引越し業者のご紹介など、

物件引渡しまでに必要な準備のお手伝いを致します。

 

〇 STEP 8 残代金受領と物件の引渡し

売却8

物件引渡しの準備と

買主様の残代金お支払いの準備が整いましたら、

残代金の受領と物件の引渡しを行います。

 

買主様とご都合の良い日程を調整して残代金の受領と物件の引渡しを行います。

当日は司法書士が登記に必要な書類を確認し、

不備がなければ残代金を受け取り、

鍵や物件に関する資料等を買主様にお渡しし、物件の引渡しとなります。

最後まで責任を持ってお手伝い致しますので、ご安心ください。

 

ご売却後の確定申告や新たな不動産のご購入についてもお気軽にご相談ください。

今後とも、末永いお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。

不動産売却についてこちらも是非、ご覧下さい

気になる事は、お気軽にお問合せ下さいませ

不動産無料査定はこちらからどうぞ

売却物件募集

物件リクエストはこちらからどうぞ

物件リクエスト